読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Watchを少しいじってみての感想

Apple Watch 2を5〜6時間使ってみた。自宅に帰ってきてから今までの数時間の間。まず設定したのは、マナーモード、というか、音が出なくなるように。それ以外は設定らしい設定はしていないかな。バッテリは80%くらい充電されている状態だった。

腕につけて数時間過ごした。机に座ってMacを操作したり、室内で作業したり。それらの「動き」がちゃんと記録されているようだ。この数時間で20%くらいバッテリを消費した。これなら、iPhoneと同じくらいのバッテリーの持ちじゃないかな。

Apple WatchiPhoneの作業分担がいまいちよく分からない。Apple Watch単体で動作しているのか、iPhoneと連携しているのか。この辺りは使っていけば/ネットの記事でも読めばわかっていくかな。

iPhoneのリマインダアプリからの「通知」が、腕をコンコンされてきて、腕を傾けるだけですぐ確認できるのはありがたい。習慣化のために毎日定時にリマインダを設定しているので、これが表示されて「お!やらなきゃ!」ってなるのはとてもいい。

室内でいろいろ作業をしていると時間を忘れてしまいそうになったので、アラームを設定してみた。腕を傾け「hey, siri」「XX:XXにアラーム」って言うだけ。もちろんXX:XXになったらWatchが腕をコンコンと叩いて知らせてくれる。

明日は朝からずっと1日夜まで腕につけておこう。どのような記録になるのか楽しみ。それ以外にも、ワーキング、ランニング、サイクリング等も記録されるはずなので「運動」へのモチベーション維持に大いに役立たせよう。